ダンまち最新刊は冬発売だってよ

タイトル通り。
アストレア・レコード1 邪悪胎動 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 英雄譚 (GA文庫) - 大森藤ノ, かかげ
アストレア・レコード1 邪悪胎動 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 英雄譚 (GA文庫) - 大森藤ノ, かかげ

現在一番先が楽しみなラノベというと自分の中ではダンまちなんですな。
17巻良いとこで止められたまま既に1年以上が経過して辛抱堪らんわけですが、ようやく最新刊発売の情報が出たそうなので話題として1つ。
まぁやや今更感あるんですけど自分が知ったのがついこの前なので。


喫緊でのダンまちの動きというと夏にアニメ4期がやるわけです。

下層への遠征から・・・どこまでやるんですかね?
リューのアレからそのままそっちまで行くんですかね?
だとすると1クールじゃ終わらない気がしますけど、2クール掛けてそこまでやるんでしょうか?
PV第3弾まで見た感じだと下層だけっぽいですけど、「迷宮編」ってのとPVで割と最後の方まで映像だしてるのが若干臭いかなという気はしますが。
普通に分割2クールかねぇ。


そしてその後、アニメの放映終盤辺りから・・・になるんでしょうか?
2クール連続でそのまま放映するならまさにリュー推し状態に突入するタイミングっぽいですけど10・11・12月にソシャゲ(メモリアフレーゼ)の3周年記念イベントで描かれたリューがかつて所属したアストレア・ファミリアを中心にしたオラリオの数年前の暗黒期・・でしたっけ?のお話が改稿の上で3か月連続刊行とか。

当時そこそこ評判よかったからその為だけにメモリアフレーゼDLしてプレイしてるんよな。
自分はその後すぐやめちゃったんだけど、4周年の話もなんか評判よかったそうだし、今度の5周年も期待されてるみたいでいずれその辺りも書籍化されるなら楽しみですかね。
ただ2周年のアルゴノゥトが書籍化されてないのがなぁ。



んでその後、冬にようやく18巻が発売だそうで。

一区切りついたとはいえソードオラトリアのその後も気になるんだけど、もう時系列的に本編に追いついちゃってるからある程度本編が進まないとソードオラトリアは書けないんちゃいますかねぇという事で正直本編をまず進めてくれという感じなので、夏に18巻出して冬は19巻だそうぜ!とか鬼畜な事を望んでみる。



ま、ともあれ4期までまだ時間空いてるから4期の範囲をちょっくら書籍読み返しておくかなぁ。
やっぱアニメは行間というか間というか、映像化が嬉しい部分もある反面ちょっと詰め込み過ぎだったり展開が早すぎたり演出が微妙だったりもあるんで原作最高!ってお話なんですよな。

この記事へのコメント