帰ってください! 阿久津さん (1)

少し前に流行った(?)ギャル×陰キャ系の亜種
帰ってください! 阿久津さん (1) (角川コミックス・エース) - 長岡 太一
帰ってください! 阿久津さん (1) (角川コミックス・エース) - 長岡 太一
もっと言えばこの辺は全部からかい上手の高木さんからの派生なのかな?

要はヤンキー女子×陰キャの妄想話です。
割とお色気要素強め?

ヒロインの阿久津さんはそこそこ威圧感ある女子ですけど、あくまでヤンキー要素込みという感じでまぁ当たり前と言えば当たり前ですけどオタクが引くような、ご遠慮願うような所まではヤンキー感出してきません。
あくまでヤンキー風味の根は良い子くらいに思うと良い感じです。


話が大きく逸れますけど、ジャンルとしてNTRとBSSってあるじゃないですか。
これ、BSSが似合う主人公だなぁと思いました。
まぁこれに限らず長瀞さん辺りもそんな気がしたんですけど。
つまるところ完全受身形のヘタレ野郎って事ですね。
なんか向こうから絡んできて流されてるだけ感の棚ぼた関係というか。
ぶっちゃけこの主人公である必要なくない?みたいなたまたま感とかモブ感というか。

同人で彼氏できて部屋に連れ込まれてヤリ部屋になって撮影係やらされて撮った動画でしこってるのがお似合いな主人公とかそんな感じ?

安城さんなんかはどっちかというとNTRだと思うんだよねぇ。
この主人公だからこそって感じ。
ちゃんとあの主人公だから物語として成立するというか。

そもそもがNTRとBSSの差がそういう所かなって話なのかもだけども。
僕が先に好きだったのに・・・とか言われても「ふーん、で?」って話だよねぇみたいな。

まぁどれも最新刊まで読んでるわけじゃないからあくまで自分が読んだ範囲での感想でしかありませんが、個人的その中では安城さんが一番好きかなぁ。
その辺高木さんは年代違うのが絶妙なんだよな。
アレはホント中学生だから許されるし、だからこそこっちにもクソ刺さるっていうか。

やんちゃギャルの安城さん(10) (ヤングキングコミックス) - 加藤雄一
やんちゃギャルの安城さん(10) (ヤングキングコミックス) - 加藤雄一

イジらないで、長瀞さん(13) (マガジンポケットコミックス) - ナナシ
イジらないで、長瀞さん(13) (マガジンポケットコミックス) - ナナシ

からかい上手の高木さん(18) (ゲッサン少年サンデーコミックス) - 山本崇一朗
からかい上手の高木さん(18) (ゲッサン少年サンデーコミックス) - 山本崇一朗


この手の作品でお色気も同時に摂取したければアリかもですね。

この記事へのコメント