エヴォリミット再プレイ中 他

戦女神VERITAどうしたって話。


いや、やってますけどね。
ついでにランスクエストマグナムもやってますけどね。
ちまちまレベルとスキルの熟練度上げするのが好きだからやってるけど、それだけやってると飽きるからちょっと気分転換にエヴォリミットもやっているというお話。


エヴォリミットというのはまぁ燃え作品に分類されるもので、もう10年以上前の作品だから軽くネタバレ込みであらすじを。

火星入植の為の開拓チームの一員として火星を訪れた主人公だが、何故か100年もの間眠りにつき目覚めた時には記憶を失っていた。
一方で火星はそのわずか100年の間にテラフォーミングを完了させており、「パッチ」と呼ばれる鉱石の恩恵で人類そのものが超人と化していた。
しかし同時に「人類を襲う機械」という敵に悩まされてもおり、主人公・不知火義一と、共に眠っていた一条雫は自らもパッチの恩恵を得て超人となり、その謎を追っていく事とになる。
不知火・一条の目覚めを契機に火星の情勢は大きく動いていくのであった。

とまぁそんな感じ。


ギャグが面白いかどうかは10年以上前という事もあって人によるかとは思いますけど基本的に作りが丁寧なので面白いんですよね。
話の組み立て方が上手くて引き込まれるし、パッチのおかげで超人になるにしてもちゃんと段階を踏んでいるし。
ネタバレしといてなんだけどあんま事前情報ないままプレイする方が序盤は特にワクワクを感じられて面白いだろうなとは思います。

あとは主人公の精神的な強さ、かな。
不屈の意志というか、常に前へ進むことを止めない精神性。
ただ設定として在るんじゃなくて、生い立ちから物語開始時までの歩みから、すべてに原因と糧があって人生のすべてにその様がある。
だからこそのカッコよさ。
そしてその対比としての、またはそれに影響を受けて成長していくキャラの存在。
その辺りも組み立てのうまさ、丁寧さの一環ですね。

個人的にはキャラクターの中ではアクアさんが好きだがカズナもカズナで性癖的には悪くはない。
悪くはないけど話の展開加味するとやっぱりアクアさんかなって。
腹の中にあるもの取り繕って澄ましてるヒロインを(精神的に)ぶん殴ってそのドロっとした感情を引きずり出すのってエモくね?
俺大好きやねん。



全然関係ないけどウェブリブログが来年の1月で終了するそうで。
なんのかんの10年以上ダラダラ続けてきたし、ボッチだから作品の感想を語り合う的な機会のないオタク人生において腹の中に納めておかずに好き勝手ペラペラ語る出力する場としては重宝してただけに以後どうしたものか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック